-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-06-28 09:20

6月のたまcafe

6月17日(土)たまcafé(看護奨学生会議)を愛媛生協病院で開催しました。これまでも、中四国DANSへ向け「原発の導入と立地問題」について学習を続けていましたが、今回は、伊方原発をとめる会事務局次長の和田宰さんを講師に、放射線の人体に与える影響について学びました。チェルノブイリ原発事故後に復旧作業にあたった作業員たちの健康被害についてや、日本でも起きた、1999年東海村JCO臨界事故で大量の放射線を浴びて亡くなった作業員の方の被害の実態について映像を通して知ることができました。
 チェルノブイリ原発事故は、1986年にソ連であった原発事故です。事故後の復旧作業にあたった人は数十万人といわれています。彼らは、満足な放射線防護もないままに作業し、その多くが事故から10年後20年後に癌や白血病、原因不明の病で亡くなっています。
 日本でも、悲惨な原子力による事故が起きています。1999年、茨城県東海村の核燃料加工施設(原発の燃料を作る施設)での臨界事故で、3人が被爆し、内2人が亡くなった事故です。会社のマニュアルに沿って作業をしていたら、突如、核燃料が臨界に達し、大量の放射線が作業員の身体に降り注ぎました。その内の1人である大内久さんの治療にあたった記録がおさめられているNHK「被ばく治療83日間の記録~東海村臨界事故~」という番組を視聴しました。そこには、放射線により染色体が破壊された映像や、DNAが破壊されたことにより、細胞の組成ができず、皮膚が削げ落ちている映像などがあり、被ばくの悲惨な実態を目の当たりにしました。この番組の中で、治療にあたった東大付属病院の前川医師の言葉が印象に残っています。「今回のことで感じるのは、やっぱり、人間の作ったものは、一歩間違うととんでもないことになるなと、そのとんでもないこともほんとに我々一介の医師がなんともしようがないと、たとえどんな最新の技術や機器を持ってしても、とってもとっても太刀打ちできない破滅的な影響をもたらすんだなということは実感しました・・・」。
 そして2011年3月11日の東日本大震災により、福島第一原発が爆発。多くの放射能が空気中に飛散しました。
 現在、福島県では、甲状腺がんと診断された子どもは145人となっています。
 参加した学生からは、 実際に言葉では被ばくの実態を学んだことはあるが、今回初めて映像を見て、より被ばくの悲惨さを実感できた。
 実際にそういう事故があったことは知っていたが、詳しくは知らなかったので、とても勉強になった。
 と感想が出されました。

IMG_0670.jpg



スポンサーサイト

2017-05-22 11:59

DANS第2回実行委員会

こんんちは(^-^)/
愛媛医療生協 看護学生担当の村中です!

5月20日(土)岡山にて
中四国DANS 第2回実行委員会が開催されました。
8月17日、18日の本番へ向けて、
テーマである「歴史」について理解を深めるための学習講演
各企画別での話し合い
が行われました!


以下、報告です。

まずは、学習講演。
テーマ「看護観と社会観―ものの見方の角度から」と題し、長久 啓太さん(岡山県労働者学習協会事務局長)に講演していただきました。長久さんは岡山にあるソワニエ看護専門学校で哲学を教えている方です。

まず、看護に大事なのは「見えないものを看る力」。
患者さんをスーパーに並んでいる魚の切り身のように見ていないか?という投げかけがありました。
スーパーに並んでいるのはその魚の本来の姿ではなく、それぞれに泳いでいた自然の海や川があったはず。
同じように、入院患者さんは、ただ病気を治しに来た人ではなく、その人の生活背景が存在しています。
どんな地域に住んでいるか、仕事は何をしているか、どんな生活を送ってきたか、などなど。

民医連の綱領には、「生活と労働から疾病をとらえる」という言葉があります。
まさしく、患者さんの病気だけを看るのではなく、その人の生活背景まで看ることです。
この視点を養っていかなければならないと語られました。

また、日常の変化だけでなく、歴史の変化をつかもうと、歴史を学ぶことの大切さを語っていただき、
日本の看護の歴史を学びました。
戦後すぐの看護師の労働条件は今では考えられないほど厳しいものでした。
・全寮制で寮監や総婦長に生活まで監視させられ、自宅からの通勤も許されなかった。
・就職時、「結婚の場合は退職します」と誓約書を書かされていた。

また、こんな事例も…
・1959年には、人手不足を理由に「妊娠は年に4人まで」というきまりが作られ、今年はあなた妊娠していいですよ、と「割り当て」られていた。割り当て外で妊娠した看護師の出産の是非は看護婦互助会で投票して決めるとされていた。

そんな労働条件の中、昔の看護師たちが立ち上がり、これでは、人間らしく働けない、よい看護を患者さんに提供できないと声をあげ、今があることを学びました。

最後に、「情報あふれる社会のなかで、社会のおおもとや歴史学び、主体的に生きる。私はどう生きたいのか。どんな看護をしたいのか。どんな社会を望むのか。自分の言葉の発声練習を。看護の仲間たちと伝え合おう」とメッセージをいただきました。

午後からは、DANS本番に向けての準備を進めました。
各企画(開会式・学習講演・交流会・閉会式)に分かれて、どんな内容にするか話し合い、みんなで共有しました。

DANS第2回実行委員会2017
中四国より学生29名が集まり、本番の成功へ向けてちゃくちゃくと準備は進んでいます!
是非、中四国DANS本番への参加を~♪

2017-04-24 16:08

4月のたまcafe

みなさんこんにちは♪
看護学生担当の村中ですヾ(・∀・)ノ

4月22日(土)に今年度初のたまcafe(看護奨学生会議)を開催しました。

今回は、8月に行われる中四国DANSへ向けた事前学習を行いました。

今年の中四国DANSは、「平和の幕開けぜよ!~歴史の鏡、知りたくない?with KOCHI~」というテーマで、現代から71年前の戦争までの近現代史をみんなで学ぼうと準備を進めています!

今回、9つのテーマごとに中四国9県が分担して調べものをしてくることになり、
愛媛は、「原発導入と立地問題」というテーマを学習することとなりました!

そこで今回は、「原発の立地」について調べました(^-^)/
日本地図にどこに何原発があるかを書いていきました。

こちらが完成品↓↓↓

IMG_0645.jpg

47都道府県のうち、13道県に原発があることがわかりました。
いずれも海沿いの過疎地。都会には原発はありません。

2011/3/11の震災以前は、54基あった原発が、現在は事故や老朽化が原因で廃炉が決まり、43基になっています。
現在稼働しているのは、鹿児島県の川内原発1号機と愛媛県の伊方原発3号機の2基のみとなっています。

廃炉と決まった原発もありますが、その方法や放射性廃棄物の行き場はまだ決まっていないのが現状です。

原発問題はたいへん奥が深いですね。

次回は原発の導入について、調べていきたいと思います。
何か良い資料などお持ちの方はご一報くださいm(__)m

※※中四国DANS今後の日程※※
・5月20日(土) 第2回実行委員会 岡山にて
・8月16日(水)15時~17日(木)12時 第3回実行委員会 高知にて
・8月17日(木)13時~18日(金)12時 中四国DANS本番!! 高知にて

2017-03-23 15:46

♥合格お祝い会♥

こんにちは!
看護学生担当の村中です(^-^)/

3月15日に医系学校に入学の決まった新1年生を対象に合格お祝い会を開催しました。
医学部の新1年生 1名
看護学校の新1年生 8名
薬学部の新1年生 2名
の計11名が参加しました。

また、現役医学生2名、看護学生4名も参加し、春からの新しい学校生活について先輩たちから話を聞くことができました♪

後半はケーキのデコレーションをしてみんなで盛り上がりました!
個性的なケーキが出来上がってましたよ(*^_^*)

合格お祝い会

2017-02-08 10:09

中四国DANSのお知らせ

みなさんこんにちは!
看護学生担当の村中です。

2月に入り、ますます寒さも厳しくなりましたヽ( ´_`)丿
週末は雪が降りそうですね。夏生まれの私にはつらい時期です。


さてさて、今年の中四国DANS高知で開催されますよ!
中四国DANSとは、看護学生ゼミナールのことで、中四国から100名近い看護学生が集まり、一緒に学習し、交流する企画です。
普段は学校では教わらないことを学んだり、普段の生活では関われない人との出会いがあります!
是非、参加してみませんか?

中四国DANSでは、本番へ向けて、実行委員会が3回開かれます。

一緒に、DANSを作り上げる実行委員を募集しています。

実行委員会と本番の日程は以下の通りです。

第1回実行委員会 3月11日(土)11:00~16:00 岡山にて
第2回実行委員会 5月20日(土)11:00~16:00 岡山にて
第3回実行委員会 8月16日(水)15:00~8月17日(木)12:00まで 高知

本番 8月17日(木)13:00~8月18日(金)13:00まで


是非参加してみませんか?
興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいm(__)m

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。