FC2ブログ
 8月の開催を目指して、準備をすすめていた「第17回中四地協DANS in鳥取」は、この間の新型コロナウイルス感染の影響を踏まえ、中止となりました。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしながら、なんとか開催ができないかと考えていましたが抗えませんでした。

ですが!!来年に向けて、今から少しずつ動き出します!
引き続き開催は鳥取県。2021年に鳥取の地でお会いできるのを楽しみにしております(*^▽^*)
来年、鳥取DANSで元気に会いましょう!
 3/28(土)看護奨学生会議を開催しました。看護奨学生が5名参加しました。
 本来であれば、DANSの第1回実行委員会が終わり、事前学習や企画の準備について話し合う時期ですが、コロナウイルスの影響で進んでいません。そのため今月の奨学生会議は、合格お祝い会の振り返りと4月から看護奨学生になる新1年生との交流を行ないました。
 合格お祝い会の振り返りは、学生さんからの改善案や提案をもらったので、来年はそれを活かしてより一層良い企画にしていきたいと思います。

IMG_1352.jpg

 また先輩学生さんから新1年生に学校や実習の様子、奨学生の企画について説明をしてもらい、これからの大学生活をどう過ごしていけばいいか、たくさんアドバイスをしてもらいました。また先輩学生さんの1年生に活用した教材やレポートなどを見せてもらい、大学での学びが少しイメージできたようでした。先輩学生さんとも打ち解けられたようで、会話が弾んでいました。これから一緒に看護学生の企画を盛り上げていきましょう!

IMG_1365.jpg

IMG_1373.jpg

IMG_1389.jpg

DANSとは「Dear ActiveNursing Student」(親愛なる将来看護
師を目指す学生が一緒に学びあい仲間たちと活発に交流していこうという意味)の略で、看護師を目指す学生が、毎年中四国の開催県に集まり学びや交流を深める場のことです。

今年のDANSは、8月8日(土)~9日(日)に鳥取県で開催されます。
テーマは「患者の立場に立つ看護とは」を学びます。ぜひ一緒に参加しませんか?
 新型コロナウイルスが世間を騒がせ、暗いニュースが多い今日この頃ですが、そんな暗いニュースばかりではありません。3月16日(月)この春から医療系の学校へ進学が決まった学生さんの「合格お祝い会」を愛媛生協病院で開催しました。新1年生9名の医師、看護師を目指す学生さんが来てくれました。
 藤渕総師長より激励を込めた開会の挨拶の後、学習講演は、川嵜先生の「海外での経験、医療制度の違い」をお話頂けました。当院で担当した事例を交えてお話もあり、医療現場のことだけでなく、社会情勢にも関心を持っておくことが大事だと学びました。学生からも積極的な質問もあり、わかりやすく丁寧な解説も頂けました。
 後半は、先輩学生と交流しました。学校生活や勉強方法、実習、アルバイト、はたまた恋愛事情と話は尽きず、あっという間の時間でした。とても楽しい時間でした。このような学部や学年が違う学生同士が集う場があるのはいいですね。

IMG_1143.jpg
 
IMG_1240.jpg

IMG_1193.jpg

IMG_1191.jpg

IMG_1228.jpg
 3/5(木) 看護学校に進学が決まった新1年生が、入学前の看護体験に来ました。看護師さんに業務の説明をしてもらいながら、愛媛生協病院 病棟を見学をしました。
 朝礼での情報交換・オムツ交換・入浴介助・医療機器の説明・食事介助・口腔ケアなど、たくさんの業務が見学できました。また、とろみ茶を試飲したり、患者さんの歩行訓練に同行したりと貴重な体験もできました。歩行訓練の時には患者さんとお話をする機会があり、戦時中のお話や自身の経験した仕事のお話を聞かせて頂き、患者さんと接する時間もできました。
 病棟見学中には、担当看護師さんから学生さんに他の看護師さんを「イケメン看護師」「パソコンの早打ち看護師」など紹介してくれる場面もあり和やかな雰囲気でした。
 また、看護師さんから「患者さんを自分や家族に置き換えて、気持ちを考えるコトが大事」だとアドバイスをもらい、学生さんにとって印象に残ったようでした。

IMG_0832.jpg

<学生の感想>
・看護師さんは、技術はもちろん、患者さんへの気遣いも大切だと感じました。
・看護師さんは、病気を治すだけでなく、患者さんの気持ちを自分に置き換えて考えることが大切だと学びました。
・想像していた雰囲気と違っていて、「みんなで協力しよう!」という雰囲気でよかったです。
・将来は、今日出会った看護師さん達のようになりたいと思いました。
 1月25日(土)看護奨学生会議を開催し看護学生4名が参加。今回は飛び入りで医学生2名も参加、職員も7名の参加でいつもより賑やかな会議になりました。
 テーマは「民医連の歴史を学ぼう!」と、竹内看護部長が講師となって学習しました。以前は、今のように医療設備や機器、制度が整備されていない時代で、人々が平等に必要な医療が受けられるように尽力された先人の功績や、今なお受け継がれる民医連の精神を学ぶことができました。
 「実習でもっと患者さんの話を聞いて考えていきたい」「患者さんそのものの背景をみることが民医連の医療だと思う」「歴史を知ってこの病院を選んで良かった」など、学生さんから感想がありました。
 知っているようで知らない民医連の歴史。貴重な学びになったのではないでしょうか。

S__7913492.jpg

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード