FC2ブログ
 1月25日(土)看護奨学生会議を開催し看護学生4名が参加。今回は飛び入りで医学生2名も参加、職員も7名の参加でいつもより賑やかな会議になりました。
 テーマは「民医連の歴史を学ぼう!」と、竹内看護部長が講師となって学習しました。以前は、今のように医療設備や機器、制度が整備されていない時代で、人々が平等に必要な医療が受けられるように尽力された先人の功績や、今なお受け継がれる民医連の精神を学ぶことができました。
 「実習でもっと患者さんの話を聞いて考えていきたい」「患者さんそのものの背景をみることが民医連の医療だと思う」「歴史を知ってこの病院を選んで良かった」など、学生さんから感想がありました。
 知っているようで知らない民医連の歴史。貴重な学びになったのではないでしょうか。

S__7913492.jpg
 2020年1月4日(土)愛媛の医療系学生合同企画として、国家試験を受験する学生へ「国試激励会&新年会」を行いました!お正月で帰省中の学生の参加もあり、看護学生3名、医学生4名、薬学生5名、職員12名、の合計24名の参加で大盛況でした。他大学他学部の学生との「輪」も広がったようです。
 みんなが4月を笑顔で迎えられますように (^O^)/

IMG_0731.jpg

IMG_0911.jpg

 12月27日(金)国試対策講座を開催しました。看護学生4名が参加。まず模擬試験をしてもらい、愛媛生協病院の若手看護師を講師に、教科書の中の図だけでは、分かりにくい手技を医療機器を扱って、模擬問題を解説してもらいました。
 「注射針」の問題では、太さが違う注射針を4種類準備、針の太さによって使用する目的が違う事を説明、また「注射の準備」の問題では、手順を一通り見せる事で、何が間違いなのかが理解できたようでした。

写真4

 「輸液ポンプ」の問題では、輸液ポンプを使用する一番の目的は、流量を調節する事を説明、また、事前に食紅で点滴に色をつけたことで三方活栓を使って、点滴の流れを確認できました。

写真3

 「無菌操作」の問題は、鑷子や滅菌手袋を使って、清潔・不潔を学習しました。医療機器や器具を使った説明をすると興味津々で真剣な様子で聞き入っていました。

写真1

<学生さんの感想>
・間違えた問題を実際に物を使って解説してもらうことで、十分に理解できた。今回やった問題は必ず覚えておきたい。
・国試を解くだけでなく、実際に実物を見せてもらうことで、イメージしやすく、覚えていくことができました。
・注射針の太さが全然違って、比べたのは初めてだったのでよかった。



 12月23日(月) 新居浜協立病院の地域包括ケア病棟に看護学生さん(2年生)が、2回目の看護実習に来ました。先輩看護師にマンツーマンで指導してもらい、病棟の看護業務を見学・体験しました。
 点滴チェック、血糖測定、陰部洗浄などの見学ができ、オムツ交換や血圧測定、胸部聴診など体験ができました。先輩看護師からは、「通常行なう業務が、バタバタしていると抜けてしまうことがある。忙しくても当たり前にできるようになってほしい」とアドバイスをしてくれました。
 実習中に、患者さんやご家族さんから「点滴する時は怖がっていたらいかんよ。がんばりや」「大変やけどがんばってね」「また来てね」と温かいお言葉を頂きました。
患者さんやご家族さんから元気をもらいました。

写真1

写真2

写真4

 実習終了後、振り返りを行ないました。学生さんからは、「患者さんのケアを行なう時、自分の手が冷たくて、患者さんをびっくりさせてしまった。患者さんの気持ちを考えてケアをすることが大事だと思った」また、食事介助を見学して「口から食べる大切さや楽しさ、家族へのサポートも大事だと思った」など、患者さんを一番に考える事ができた実習だったようです。


 12月17日(火) 新居浜協立病院の地域包括ケア病棟に看護学生さん(1年生)が、はじめて看護実習に来ました。先輩看護師にマンツーマンで指導してもらいながら、病棟での看護業務を見学しました。
 点滴チェック、バイタルチェック、オムツ交換、下剤投与、血糖測定、浮腫の確認、カルテ記載などの見学でき、幅広く看護師の業務を学びました。また、嚥下障害がある患者さんに言語聴覚士(ST)さんが、食事介助をしている様子を見学することができ、口から食事をする難しさと大切さを学びました。
 今回は、はじめてだったこともあり、見学が多かったですが、学生さんから「次回は手浴や足浴、全身清拭がやってみたいです」と要望がありました。

写真①

写真②

写真③

<学生さんの感想>
・学校の実習では見学することのできなかった点滴やオムツ交換、血糖測定などを見学できたことはよかった。
・食事介助の見学や血圧測定をさせてもらえたので、次の実習にいかせるのでうれしかった。
・医療従事者の方々は、とても優しく話しやすい、相談や質問がしやすい環境だったので、半日ではあったけど、とても充実した実習でした。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード