FC2ブログ
 9/18(火)に看護学生2名が訪問看護実習に来ました。
 はじめにオリエンテーションで、訪問看護とは何か、外来と訪問の違い、訪問での注意事項などの話を聞き、訪問看護師と患者さん宅を訪問しました。
 患者さん宅では清拭や処置、浣腸など、大学で習ったことを見学することができました。手技だけでなく、訪問は患者さんの生活に入っていく事、患者さんやご家族さんとのコミュニケーションの大切さ、信頼関係の大事さが少し分かったようでした。
 実習の振り返りでは、石見師長から「手技も大事だけど、患者さんの思い、気持ちを大事にしたいね」とアドバイスがありました。

<学生の感想>
・訪問看護は、家族とのコミュニケーションをとることが多く、一人一人違う人なので難しいと感じた。
・住み慣れた地域で、家で安心・安全で最期を迎えたいと考える人も多くなっているので、これから更に求められると感じた。
・学校で学んだ浣腸を実際に見ることができ、教科書だけでは知りえないことも学ぶことができました。
・訪問看護は、幅広い知識と技術が求められると感じた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード