FC2ブログ

2019-02-05 09:57

看護技術実習会

 1月26日(土)看護学生向け企画 第2弾として「呼吸器聴診と吸引体験&若手看護師による研修報告」を開催しました。学生6名が参加し、看護師4名が指導、2名が研修・症例報告をしてくれました。
 呼吸音聴診体験は、看護師がストローや風船を使って工作して、気道が狭くなった場合にどういう音の違いがあるかを聞き比べました。シミュレーターから正常音、捻髪音、水泡音、笛声音、いびき音など様々な疾患の呼吸音を出して、聴診器で聞き分ける体験をしました。看護師から「どこから異常が出ている?」「正常音とどう違う?」などの質問もあり、とても真剣に聞き比べていました。

キャプチャ2

キャプチャ4

キャプチャ8

 吸引体験は、手順を学んだ後、機器を使用してシミュレーターに口と鼻からカテーテルを挿入し、模擬痰を吸引する体験をしました。カテーテルを慎重に動かし、吸引ができると拍手が起こり、とても和やかな雰囲気になりました。
 看護技術を学び、体験した事が看護学生さんにとって、貴重な経験となり、モチベーションも上がり充実した時間になったようです。
 昼食交流は、試験や実習、学生さんのバイトなどの話題で終始会話が弾み看護師と学生さんの交流ができました。

キャプチャ3

キャプチャ6

キャプチャ9

<学生の感想>
・学内演習では正常音しか知りませんでした。異常音の違いがわかってよかったです。
・病院で臨床に近い技術を現役の方に教えて頂くことは、大変身になりました。将来に繋がります。
・症例報告の終末期の現場で、患者さんの思いをつなげて看護する様子が印象に残りました。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード