2009-11-20 12:33

沖縄 その2

沖縄平和学習ツアー二日目、ホテルロビー集合は8時30分。

昨晩、何時に眠りに落ちたかというと・・・・・内緒です。

この日は、戦跡・資料館・講演・沖縄共同病院の見学が主なスケジュールです。

まず、初めに訪れたのは、糸数の壕です。

沖縄は隆起サンゴで出来たしまで、自然の洞穴が多くある島です。この、自然の洞穴を利用をして

戦時中は、住民の避難場所や病院として利用されていました。

P1070370_convert_20091120135731.jpg
壕の中は、足場が悪いのでヘルメット装着です!

P1000206_convert_20091120135411.jpgP1000210_convert_20091120135446.jpg
当時利用していた、生活用具なども多く残っています。
また、脳症患者専用の隔離する場所もあります。

壕の中は、懐中電灯を消すと何も見えない状況です。この暗闇の中で、何カ月も過ごすと言うことは

すごい、ストレスになると感じました。30分もないぐらいの壕での見学ですが、外に出て青空を見た時は

太陽と空がすごく、愛おしく感じました。

その後、コンパクの塔と米須海岸を訪れました。
P1070376_convert_20091120140939.jpgP1070381_convert_20091120141034.jpg
米須海岸は、戦時中は多くの亡くなられた方の遺体があったということです。

しかし、今では週末はサーファーなどが多く訪れるようになっているとのこと。

P1070388_convert_20091120141158.jpg
ひめゆりの塔と資料館を見学。

P1070396_convert_20091120141327.jpgP1070399_convert_20091120141438.jpg
韓国人慰霊碑の塔・平和祈念公園を見学。

戦時中は、多くの韓国人強制的に日本に連れてこさせて、様々な労働をさせていたことも真実。

その後、沖縄民医連のこくら薬局へ、戦争体験の講和というこで古堅実吉さんの体験談を聞きました。P1070405_convert_20091120141550.jpg

古堅さんは、14歳の時に鉄血勤皇隊として沖縄戦を体験されております。沖縄県の南部に避難する

中で、同級生の死など様々な体験をされています。

捕虜になるぐらいなら、「自決」を決めていたそうですが、学校の校長先生に「生き延びろ」と説得をされ

米軍の捕虜になり、ハワイの捕虜収容所で終戦を迎えたとのことでした。

今では、考えられない状況を話してもらうことにより自分の現在の環境がとても恵まれていると感じました。

講和の後は、今年リニューアルをされた沖縄共同病院の見学へ
P1070406_convert_20091120144517.jpg

共同病院は280床の病院で、365日24時間救急の患者さんを受け入れています。

DSC00049_convert_20091120144656.jpg
病院の新しい設備や電子カルテに愛媛の職員は軽く興奮気味です。

軽い浦島太郎状態です。

二日目の全てのスケジュールが終了したのは、19時を過ぎていました・・・・

さすがの、職員も疲労を隠しきれません。

でも、夜→沖縄共同病院→職員交流→沖縄料理→オリオンビール

という流れになるところが、医療生協の素晴らしさだと思います。

明日は、7時にホテルのロビー集合。

でも、沖縄の楽しい夜は底が見えません。


沖縄に後三カ月ぐらい居たいと思った タニでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute BC01

moumou-badge

プロフィール

愛媛生協病院

Author:愛媛生協病院
愛媛生協病院は、「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、愛媛県の県都、松山市久米地区に1986年に開設されました。これは愛媛生協病院の風景や看護の様子、また学生の活動などを紹介するブログです(*^_^*)

FC2カウンター

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード